刺激が欲しくて、不倫願望を行動に移しました

刺激が欲しくて、不倫願望を行動に移しました

太田市に住む僕は、結婚して3年くらいになります。

結婚当初、僕は妻と幸せな結婚生活を過ごしていました。

はじめは二人だけでも十分楽しく過ごしていたのですが、好きな人との子どもをほしいとは誰しも思うもので、僕たちもそろそろかな、と考えていたあたりに運よく子どもを授かりました。

「二人だけでもこんなに楽しいのに、子どもができたらどんなに楽しい生活が待っているんだろう!」

そんなことを思い描きながら、僕は妻の出産を待ちました。

そして、いざ出産…となったのですが、出産後の結婚生活はそれまでとはうって変わり、僕と妻には長い長い倦怠期が訪れたのです。

これまでの楽しかった結婚生活が嘘だったかのように、僕と妻の間には愛情も感じられないし、セックスはおろか、会話もほとんどないような生活に変わってしまったのです。

全く楽しみも刺激もない、同じような日々を過ごしていました。

しかし、そのような生活にはさすがに耐えきれるはずもなく、僕の胸の中にはいつのまにか不倫願望が芽生え始めていたのです。

「一度だけ…」

そんな誘惑に僕は襲われ、気づいたら出会い系サイトに手を出していました。

次第に妻への罪悪感は薄れ始め、刺激を求めている僕がいました。

ここまできたら、もう引き下がれない。

そう思った僕は、この一度だけと割り切り、芽生えた不倫願望を叶えるために相手を探しました。

妻への罪悪感がほとんどなかったとはいえ、不倫相手に人妻を選んだことを考えると、既婚者同士で罪を犯すことで少しでも不安をまぎらわせたかったのかなと、今さらながら思ってしまいます。

そんなわけで、僕は出会い系サイトで太田市近辺に住む人妻を見つけ、一度だけの不倫を決行することにしました。

そのとき出会った人妻も、夫とうまくいっておらず、刺激を求めて出会い系サイトを利用したとのことでした。

やはり、配偶者とうまくいかない人は、男女関係なく考えることが一緒なんだな。

そんなことを考えながら、僕たちは軽くバーで飲み交わし、ホテルへと向かいました。

そして、僕とその人妻は身体を重ね合わせ、二人だけの時間を過ごしました。

一度だけと割り切り犯した不倫ですが、後悔はしていません。

何がきっかけになったかはわかりませんが、そのあたりを境に生活にはまたメリハリが生まれ、妻との関係も良好になっていきました。

この不倫、僕にとっては刺激になり、かえってよかったのかもしれませんね。

群馬県の逆援助情報を確認する→